闇営業と芸人の給料とロマン 7月3日朝の日記

2019/07/03 ブログ
logo

いらっしゃいませ。

高円寺で居抜きのカフェを営む、いちよん店主です。

こんにちは。

 

今日は定休日。

 

朝はテレビが目覚ましタイマーで点いて、自動的にテレビ朝日のグッドモーニングが流れだす。

グッドモーニングは羽鳥慎一モーニングショーの前にやっている、ワイドショー寄りのニュース番組だ。

吉本興業の闇営業問題をまだやっている。
もうそろそろいいじゃんこんなのとか思いつつ、
かといって朝から重いあれやこれのニュースは正直あまり聞きたくないのでちょうどいいといえばちょうどいい。

 

今日は、吉本の芸人の給料が総じて低いのが問題だとか、かわいそうだとか今日はそういう話をやっていた。

このところ吉本興業は所属芸人みんな食わせられるように給与を改善しろというような論調の意見やコメントをよく見かけるけれども

ちょっと知られたぐらいで安定したお給料をもらえるようになるなら

面白くないけどすごく元気な人とか
ちょっとひねくれているだけの人とか
モテたいだけの人とか
その辺の人がみんな芸人になっちゃいそうなので、

簡単に給料は上げないほうがいいと思う。

養成学校に行けば誰でも芸人になれちゃって、わりとすぐまともに給料もらえるんだったら
ちょっと俺もやりたい。

 

10年以上前にやっていたバンドのメンバーに芸人がいたんだけど、
めちゃめちゃネタつまんなくても先輩芸人とフットサルやって飲み会行ってすげえ芸人生活エンジョイしてたし
あんなんでももし食っていけるような世界なら、
新社会人はみんな芸人になってしまう。
その世界では高校の先輩も大学の先輩も先に芸人になっているから、誰も就職活動せずに芸人に就職。
芸人だらけの世の中になってしまうな。

 

そんな世界にならないよう「芸人は食えない」ぐらいのバランスにしておいてほしいと個人的には思う。

天才だけが勝ち残る、
限られた一部の超絶売れた者だけがビッグマネーを手にできるような

カッコ良くてエモーショナルな世界であれ!

 

それが無理なら闇営業とか直営業とか反社会勢力との密接な関係とかも気にせずどんどんやれ!
事務所にバレたらクビまたは謹慎でも、それでもやるぐらいのイカれた思考でやれ!
文春に突撃されてもニヤニヤして煙にまいてうまいこと逃げろ!
横山やすしや島田紳助のように人を殴って謹慎しろ!

 

ダイナミックに売れて
そのあとなんやかんやで失敗して消えて
死後に伝説になったりするのも芸人の醍醐味!

 

たけしや松本のような天才に憧れて芸人になりましたっていうような世代の人(今どきいないのかもしんないけど)が、ぬくぬくと食レポやってワイドショーのコメンテーターやってNHKでダイエットの体操みたいな番組出て、
それで「芸人です」というのは
さすがに自分でそこは感じてそうだが、きっと恥ずかしいと思っているだろうな。

 

そんなのは芸人さんじゃなくても、

はねだえりかとか(元CoCo)鈴木 早智子(元Wink)とか岩井 由紀子(元ゆうゆ)でも全く問題ないのだから。

むしろそっちのほうが俺は見るかもしれない。

 


と、いうことで

芸人についてのロマンの話でございました。

 

横山やすしって51歳で亡くなったのか。若いなー。

 


妄言多謝

 

九州の雨心配。